エスカレーターの使い方について障害者と体が不自由な人からのお願い

横浜出身の初心者ブロガーKUYAYOです。

 

今回はニュースでやっていたものに共感したことと、これを1人でも多くの人に知ってもらおうと書きます。

 

このレビュー数で何を言っても無駄かもしれませんが言わないよりはいいかなと思ってます。

 

エスカレーターで止まっている人がいても怒らず見守ってください。

 

僕が伝えたいことです。

 

スポンサードサーチ

エスカレーターの使い方

 

みなさんはエスカレーターの本当のルールをご存知でしょうか?

エスカレーターは「歩いてはダメ」なんです。

 

片道は空いてるのは何のため?と思う人もいるでしょう。

昔は歩いても良い!がルールでした。

しかし現在、荷物や体などが接触して思わぬ転倒事故を引き起こす恐れがあるため「止まってのる」ことがルールとなっています。

 

体の不自由な人や障害者にとってエスカレーターは危ないもの

 

基本的にエレベーターを乗るようにしていても場所によってはないところもあります。その場合使うことになるのがエスカレーターです。

その際に障害の関係で右にしかいれなかったり、左にしか寄りかかれない人もいます。その時は急いでいるかもしれませんがどうかご理解ください。

急いでいるものわかります。ですがこういう人もいるということを認識してください。

 

そういった立場にならないとわからないかもしれませんが、1人でも多くの人が理解し誰でも住みやすい日本になることを祈っています。