35ペソ(100円以下)で散髪!?(セブ録)

横浜出身のKUYAYOです〜

 

最近は髪を結べるまで伸ばしてみようと挑戦中ですが、

セブにいた時にどうやって髪を切っていたのか

 

これについて話していきたいと思います。

 

スポンサードサーチ

髪を切るタイミング

 

みなさんは当然、海外に行く前にかっこよく、かわいくして行く方がほとんどだと思います。

 

僕ももちろんそうでした。

 

そもそも英語がそんなに喋れないのに怖い!
って思っていましたから。

 

セブで髪を切ること

 

そんな中でも何ヶ月もいれば切りたくなるものです。
そこで調べました。

 

セブ 日本人 美容院

 

結局日本人が行くところにいくんかーーーいw

 

って思いましたよね??
そうです、日本では1500円で切ろうが海外ではお金を出して安全を買いに行きました。

そして最初に行ったお店がこちら

日本人経営「DONNA」

 

DONNA

こちらのお店は、日本人のスタッフが切ってくれるだけではなく

日本のクオリティー!

マツエクやカラーもやってくれる!

女性からの人気ももちろんすごい!

サービスもスタッフの笑顔も素敵で通いたくなっちゃうお店です!

こちらでお世話になりましたが、難点が一つ・・・

 

たかい・・・・

 

一回で1700ペソほどかかる。

日本に比べたらそこまで変わらないが、男がいくならそんに高くなくて良い!

そして、金欠留学生からしたらここは高級すぎて少し躊躇してしまう。

 

 

そして僕の散髪欲に火がつきつぎに向かったのは

 

ITパーク内「TUF」

ここは、セブでチェーン展開されている散髪屋さん。「リンク

散髪巡りに火がついていた僕は迷わず入店。

 

中には、お酒を飲むスペースや、チェスができるスペースと充実していた。

 

そこではおまかせで髪型をお願いしたらこうなってしまった。

なかなかいい感じのフィリピンカット。www

値段は、280ペソ(600円ほど)でなんとマッサージ、シャンプー、アイスティーがついてくるのだ!!!

ここは僕の中で好印象だった!

 

さて次で最後、向かったのは

 

35ペソカット

名前がわからないのが残念だが、最後はここで切り納めをした。


店内はこんな感じだ。

日本人はいない、他の国の人もいない、いるのはフィリピン人くらい。

すごい汚れていて、衛生面で大丈夫か?


と思ったが切りたい欲を押さえきれず入店。

ピンクのエプロンを着たスタッフが切ってくれた。

 

あれ。意外といいな。

この髪型であれば、この35ペソカットでも師匠がないことに気がついた。

店は汚い、サービスも最悪、暑い、虫がいる、お店がどこにあるのかもわからない。

だが、個人的には好きなお店になった。

スポンサードサーチ

まとめ

海外に行ってから積極的になったこともあり

好奇心も出てきて、これからは各国のおすすめの髪型を現地にいき試したいと思う。

では〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

横浜が生んだ初心者ブロガー。大学を卒業後、就職をせずにセブへ。留学を経験してそのままセブでITの学校へ就職。2018年の目標を決める前に、健康診断で大動脈弁閉鎖不全症という若い人にはとても珍しい病気が見つかり日本へ緊急帰国。この病気について、セブで過ごしたことを赤裸々と書きます。