「国際結婚」フィリピンのセブ島での生活〜地元の食べ物(レチョン、バロット)編〜

横浜出身の初心者ブロガーKUYAYOです〜

奥さんの育った街の食べ物を紹介していきたいと思います。今回は、フィリピンの伝統的な少しグロテスクな食べ物を実際に食べて来ましたので紹介していきます。*少しだけグロテスクなものもありますのでご注意ください。

スポンサードサーチ

フィリピンのセブ島で生活する上で挑戦すべき食べ物(ゲテモノ?料理)

フィリピンの伝統的な料理は沢山あります。焼きそばのような料理の「パンシットカントン」、肉と玉ねぎと唐辛子を炒めた料理「シシグ」、酸っぱいスープの「シニガン」。今回はこの安定的な料理ではなく見た目にインパクトがある料理を紹介していきます。

それは、「レチョン」と「バロット」。フィリピンのガイドブックを見れば必ず載っている豚の丸焼きの「レチョン」。アヒルの卵でグロテスクな「バロット」。この二つについて書いていきます。

フィリピン(セブ島)で生活し住んでいる人たちはバロット・レチョンを食べているのか?!

そもそもこの二つの料理を現地の人は食べているのか問題が疑問としてあると思います。これははっきり言って、どちらも良く食べられています。

「レチョン」はお祝い事の時に食べられています。僕がセブ島で働いていた会社のクリスマスパーティーや誕生日会などに出されていました。

「バロット」はスーパーなどにはなくローカルな場所によく売っています。少し路地を入った所や市場と言われるところには売っている事が多いです。奥さんの実家がある場所にも売っていてお土産で買って帰ってくることもしばしば。笑

スポンサードサーチ

フィリピン(セブ島)の伝統料理に挑戦します

「レチョン」



上にも書きましたが「レチョン」はお祝い事によく出されることが多いです。しかもフィリピン人はレチョンそのものを買うのではなく、生きた豚を買い自宅で調理し丸焼きにしていきます。奥さんも小さい頃は庭で豚を焼いていたと言っています。笑日本ではそんな体験できないので今度挑戦したいものです。レチョンはフィリピン料理のレストランに行けば必ずといてもいいほど置いてあります。レチョン専門のレストランもあるほどです。実は今回このレチョンを朝ごはんで食べました。ちなみにここはレチョンマーケット。レチョンのマーケットはセブの中心街ではなかなかないらしく珍しいそうです。

「バロット」

最初に言います、バロットは閲覧注意です。アヒルの卵でまだ形がある時に食べる卵です。旅行者からは挑戦すべきものとして位置付いていますが、現地では精力がますことや栄養がつくと言われている食べ物です。味は正直美味しいです!!今回は僕が挑戦した様子をどうぞ。

レチョンとバロットを食べてみて総合評価

何度も食べた事はありますがどちらも美味い!!レチョンは脂っこいので胃薬や胃もたれの薬を準備することをおすすめします。笑 そこまでしても食べておくべき料理です。

バロットは挑戦する勇気があるのであれば試してください!味は美味しいことを保証します。ただし見た目が見た目のためためらう事があると思いますが。笑

では〜

スポンサードサーチ

おまけ(レチョンとバロットの美味しいおすすめの場所)

レチョンマーケットという場所がセブシティから離れた所にあります。ここはレチョンを中心に売っていて、塩気も少なく美味しくいただけます。

バロットはセブシティにもありますが、奥さんの実家の方にもあり道の両サイドでバロットが販売しています。