子どものお小遣いの決め方

横浜出身のKUYAYOです〜

 

結婚もして次は子どもか、と思った時に思ったこと。

 

お小遣いはどのようにしてあげるべきか。

いくら渡すべきなのか。

いい方法はないものか。

 

と考えていいアイデアがあったので書きます。

 

それはポイント式にすること!

 

スポンサードサーチ

お小遣いの方法

 

子どもにお小遣いをあげる時は、家族によって違うと思う。

 

・月にいくらか決めて渡す

・週にいくらか決めて渡す

・必要な時に必要な分だけ渡す

・ポイント制にしてその分渡す

などなど

 

この中でとてもメリットを感じたものがポイント制

 

ポイント制とは?

 

ポイント制とは、お手伝いや良いことをしたときにポイントをあげる。

そしてそのポイントに応じてお小遣いの額も変わっていく。

 

これのメリットは

 

・自然と家の手伝いを行ってくれる

・何か手伝えることがないか常に探すので些細ことでも気がつくようになる

・家事を手伝ってくれるので親が助かる

・お金の稼ぎ方が自然と身につく

いろいろあると思いますが、今あげただけでもこんだけありました。

 

スポンサードサーチ

ポイントの例

 

項目(一週間)ポイント
お皿洗い5P
犬の散歩3P
おもちゃの片付け2P
布団をたたむ3P
お風呂の掃除4P
家の掃除10P
ご飯の手伝い5P
荷物もち5P
洋服をたたむ4P
学校の出来事を報告2P
習い事を休まず行けた5P

 

*ポイントは一週間継続できた場合はプラスでポイントをあげます。

*年齢が上がっていくとポイントも1Pずつ上がっていくようにします

 

などなど。こんな感じで作ります。

 

ポイントは最初

1P=1円

からスタートし、成績が良かったら2円、3円とあげていきます。

 

こどもはお手伝いをすることでポイントがもらえしかもそれがお金になります。そして好きなものを買うことができる。

 

良い循環が生まれ両方にとってメリットがあります。

 

まとめ

 

子どものお小遣いに困ったらポイント制にして親側もメリットがあるようにしませんか。

 

まあクオリティーはなんとも言えませんが。笑

 

できるようになったらクオリティーでもポイントをあげるなど工夫があると子供もモチベーションが上がりますよね!

 

では〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。