障害者の就活はそこまで焦らなくてもいいよって話

横浜出身の初心者ブロガーKUYAYOです〜

 

最近も障害者枠の就職活動をしています。

いろんな会社を見てきて思ったとこは、

 

障害者だから大切にしよう。という会社

障害者配慮はするけど、やる事はみんなと変わらないし実力で勝負。という会社

 

それぞれいい所があってそれぞれにやりがいを感じることが出来ます。

 

そんな就活をしている僕の思ったことを書いていきます。

 

スポンサードサーチ

ぶっちゃけ障害者就職ってどうなの?

最近は障害者の水増し問題などがニュースになっていますよね。

 

国から一定の障害者の雇用は必要だと言っておきながらそれを水増しして問題になる日本。

笑ってしまします。

 

そんな障害者枠の雇用ですが、最近は増えています

 

これは水増し問題が原因ではないかと思われます。

どの企業も応募が増えて障害者が選べる時代がまさに今来ています。

 

もちろんその会社にとっての条件をクリアしないと採用はされませんが、昨年よりかなり多くの企業が募集をかけているそうです。

 

上記でも書きましたが、会社によって雇用の方法や業務内容、配慮の仕方が違います。

 

障害者の働き方の例

 

ある会社は

障害者を積極的に採用します!業務内容は負担のないものにし無理なく働けるようにします。給料は少し下がってしまいますが残業もなくストレスフリーで無理なく働けます!

一方で

障害者を積極的に採用します!しかし業務内容はほかの健常者の人と変わらないものを行ってもらいます。そこに障害者だから、健常者だからなどの壁をつくりません。実力で評価されます。

 

このように会社によってさまざまあります。

 

どっちがいいという事はありませんよね。

体力にも技術にも自信がある人は実力で勝負すればいいですし、無理なく生活したいという人は無理なく働ける環境を選ぶべきです。

 

スポンサードサーチ

障害者就職のメリット

障害者就職のメリットですが、やはり自分の障害について配慮があると働きやすさが何倍も違います。

 

車椅子の方はノンステップを採用している会社だと助かりますし、歩行困難者の方は手すりが壁にあると助かりますよね。

 

さらに障害者雇用専門のエージェントさんに頼めば自分からは伝えづらいことまで言ってくれるのでかなり頼りになります!

 

下に過去のエージェントと関してのリンクを貼っておきます。

障害者雇用のエージェントおすすめ

障害者が実際に使った就職、転職、求人エージェント3社を厳選!『障害者雇用』

 

障害者就職でも焦らなくていいよ

就活全般に言えることなのですが、就活をしている時期って焦ることがあるんですよね。

 

でも自分のやりたいことをしっかりと整理して挑むことが重要です。

 

早く仕事をしないと、、、という不安な気持ちもあると思いますがいざ決まってしまうと自由な時間が取れなくなってしまいます。

 

なので就活しつつももっと広い目を持って落ち着いて臨むことが重要です。

 

人は余裕があると態度や立ち振る舞いにも余裕が出てきます

 

常にこの余裕を持つということを忘れないでください。

 

「実体験〜最初は焦って早く就職したいと思ったけど良い会社をじっくり探した方がいいと思う〜」

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

今は障害者にとって最大のチャンスな年です。

応募企業も増え公務員にだってなれる可能性が増えてきています!

 

だからこそ、本当にやりたいことをしっかり考えて就職するべきだと私は思います。

 

私も就職活動には少し焦りながらやっていました。

決まらないこともあります。思うような会社が見つからないこともありました。

 

だけど落ち着いて探して会社訪問しているうちにやりたいことも見えてきますし、見つかります。

 

何事も余裕をもって行うことが重要ですね。

 

では〜