障害について、改めて考えてみた

横浜出身の障害者ブロガーのKUYAYOです〜

 

僕は24歳で突然障害を持ち障害者手帳をもらいました。

 

障害者になって思ったことや、どんな制度があるかなどまとめて見ようと思います。

 

スポンサードサーチ

障害者手帳発行(障害者1級)

 

僕は2018年の1月に心臓の病気が見つかり緊急手術を受けました。

 

その手術では人口の機械を心臓に埋め込みました。その関係で「障害者手帳」を申請できる体になりました。

 

最初は受け入れがたいものがありました。

 

先週までは障害でない体だったのに今では障害のある体になってしまったからです。

 

今までのように暮らせないことや出来ないことがあります。

 

病気などにも気をつかいながら、体を大切にしていかなければならなくなりました。(前も大切にはしていました笑)

 

いろいろなことに気をつけなければいけませんが、障害は障害です。

 

今できることを全力でやっていきます。

 

障害者になってできるようになったこと

 

障害者手帳を受け取ることでできることがたくさんある事を学びました。(横浜市の障害者手帳です)

 

 

● 横浜市を走るバスが無料、市営地下鉄も無料(年会費で1200円支払います)

● 病院代が無料(病気に関わらず無料)

● 補装具、リフォーム費用の助成

●所得税・住民税・自動車税などの軽減

●公共料金の割引サービス

●障害者雇用での就職・転職活動が可能

●電車の割引サービス

●映画館の割引サービス

●携帯会社の割引プラン

●タクシーの割引サービス

●公営住宅の優先サービス

●郵便の割引メリット

●その他施設の割引サービス

など

 

 

スポンサードサーチ

障害者手帳のメリット、サービス

 

障害者手帳の割引やサービスなどの一覧です。

 

等級などによってサービスが変わりますので申請の役場でお確かめください。

 

手帳をもらったのに使わないのはもったいないです。もらったからには最大限活用しましょう!

 

そのためには覚えないと使えませんので少しでも覚えていってくださいね。

 

● 横浜市を走るバスが無料、市営地下鉄も無料

近くの役所で申請ができます。

 

年間で1200円を支払わなければいけませんが、支払いが終われば1年間乗り放題になります。

 

● 病院代が無料(病気に関わらず無料)

 

僕は心臓の病気ですが、そのほかの病気でも病院代が無料になります。薬も無料になるので金銭面でとても助かっています。

 

ただし、神奈川県以外の病院では返金という形になるのでしっかりと領収書をもらって役所に提出する手間はあります。ただししっかりと全額戻ってきます。

 

● 補装具、リフォーム費用の助成

僕の場合は、祖父と住んでいたので取り付ける必要はありませんでした。

 

手すりや車椅子など、生活で必要になるものを割引で借りることができます。

 

またスロープをつけるなども割引にて設置可能です。

 

●所得税・住民税・自動車税などの軽減

 

手帳の提示で所得税・住民税・自動車税が安くなります。

 

詳しくは下のリンクのページがありますのでご覧ください。

 

http://techo-shogai.com/198

 

●障害者雇用での就職・転職活動が可能

 

障害者手帳があると、普通の就職のほかに障害者枠での就職が可能になります。

 

下にリンクを貼っておくのでご覧ください。

→障害者のための就職

実際に使ってみた感想などもあります。

 

●電車の割引サービス

JRや新幹線でも割引のサービスがあります。

 

等級にもよりますが、障害者と付添人は半額になります。また障害者が一人で乗る場合は走行距離100km以上でないと割引になりません。

 

1人で乗れる人と乗れない人のハンデを考えた結果だと思います。

 

●映画館の割引サービス

 

全国のほとんどの映画館で障害者割引が可能になります。

 

通常1800円で映画をみるところを、付き添い人1人まで1000円になります。

 

2人でいけば合計2000円となりほぼ1人料金で見ることが可能になります。

 

●携帯会社の割引プラン

 

大手3社で障害者割引があります。家族割などで特でない場合がありますので各携帯会社様にご確認をお願いします。手続きの変更も各ケータイショップで簡単に行えます。

 

●タクシーの割引サービス

 

横浜市はタクシーの無料券(上限はあります)をくばるか、市営バスや私営地下鉄を無料にするかを選ぶことができます。

 

また、全国のほとんどのタクシーは1割引で乗ることができます。

 

●公営住宅の優先サービス

 

市営住宅や都営住宅、県民住宅への優先入居ができます。

 

●郵便の割引メリット

 

等級によって違いますが、青い鳥郵便はがきが無料で20枚もらうことができます。

 

●その他施設の割引サービス

 

ディズニーランドやUSJなどでサービスが受けられます。

 

・ディズニーランド

ゲストアシスタントカードで優先順番待ちができます。ファストパスのように早く入ることができませんが、列に並ばずに外で待っていることができます。

 

例)現在時刻:13:00、待ち時間が30分の場合。

キャストにカードを見せます。キャストが13:30とカードに書いてくれます。私たちはその時間になるまでアトラクションの前で座りながら待つことが出来ます。13:30になれば乗ることができます。注意点はその時間になるまで遠くに行ってはいけないことです。

 

・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

入場券が半額になります。しかも付き添うの同伴者1名まで同価格で購入できます。

しかもディズニー同様にゲストサポートパスをもらうことができ、列に並ばなくても乗れるようになります。待つ時間が短くなるわけではありません。ご注意ください。

 

などなどあげていけばキリがありません。

 

温泉施設にも障害者制度があったりします。

 

なので出かけることがあれば事前に調べておくとお金に余裕が出る場合もあります。

 

障害者が少しでも住みやすい国になるように願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。